個人的我儘とありがたい話

こんばんは!情宣の並木です。

書くのが遅くなってしまいましたが、おとといの日曜日に2回目のタタキがありました。今回は塗りです!前回のタタキで作ったパネルに舞美さんが作ってくれた塗料を塗る作業です。

DSC_0039塗りの様子をちょっと遠くから撮影。

なぜ遠くからかといいますと、午後からバイトだった並木はちょっと離れたところで某パネルをたたいていたのです。

「午前中だけで1枚仕上げて帰ってやるぜ」と意気込んで臨みましたが、結果は無情にも途中で終了。あと補強材を1本入れて8分釘をうつだけだったんだよ。あと10分欲しかったよ。まだまだタタキスキルが不足しているようです。

10分ぶんの無駄な動きはどこにあったのか…う~む。引き継いで午後やってくれた人ありがとうございます。

ありがとうございますといえば、実はこの日塗りができたのも実はとってもありがたいことなのです。前回のタタキでは多くのパネルが完成まで行き着かず、塗れる状態ではありませんでした。

それを塗り前日の土曜日に僕たちが稽古をしている裏でスタオンの人たち(スタッフオンリー略、つまり役者じゃない人)+お手伝いさんが未完成のパネルをたたいて完成させてくれていたのです。

今回参加してくれている13の子たちは全員キャストですが、こうしたスタオンの人たちがいてくれるからこそ芝居が成り立つんだということを気付いてほしいなと思っております。そしてこのブログを見てくださっている皆さんにも知ってほしいです。

役者はこうしたスタッフさんの想いや仕事を背負って舞台に立ちます!やばいね~台詞がくさいね~ でも事実。

と、いうことでこんだけ長々と書いて自分に追い詰めている男並木がお送りしました!

明日(もう今日か)は通し!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中