被っているのではなく…。

チャオ! 甘い物とイケメンは正義だと信じている情宣の小原です。帰りの電車で隣に座る高校生の笑顔がイケメンでした。やったね。

 

気づけば企画も折り返し……雑記も書くとか詐欺じゃんと危機感を覚え、ノープランでブログを書き出しています。

はてさて。先日、仮組という舞台を仮に組んでみることをしました。写真も結構撮ったんですが、舞台そのものはまだお見せできません。残念!

kyakuseki

という訳で、客席を作る後輩達の姿を(え、この写真ツイッターで見た? 気のせいですよ)。

 

本番まであと3週間、稽古期間は2週間を切りました。うわお。

我々情宣の仕事も今週がピークです。掲示、DM、折り込み、吊りチラ、授業宣伝、ブログ、ツイッター…。宮野さんと2人であわあわしています(実は2人じゃない? 気のせいですよ。情宣経験者を巻き込んでいるとかそんな…)。

 

稽古のことも記事にしたいんだけど、私が授業やら仕事(金銭労働の方)やら私用に振り回されてまして。今日久方ぶりにじっくりと稽古を見ました。ただ、スタオン参加者で回している稽古録を書いていたのでカメラは構えられてません(でもこの稽古録、出席率の悪い私にとって大事な資料でもあります。休んでいた時のことがよくわかります)。

書くこと見つからないんだけど、どうすればいいの? オサムくーん!

enshutsu

はい、演出さんの写真でした。彼に向かって「オサムくん」と呼んだことはないと思います。あだ名の多い人なので。
演出さんはよく「稽古をルーティンワークにしない」とおっしゃっています。リラックスして、真剣に遊びを取り入れる。素敵です。いつも笑顔でいてくれるのも素敵です。私が演出の稽古場は殺伐としてたもんなぁ…。

なんてダラダラ書きながら演出さんの後ろ姿を眺めていたら、思いついたのがコイツ。

neko

稽古録出没率ナンバーワン、猫です。

もともと演出さんが前回公演の稽古録で多数登場させていて、今回公演でもそれが引き継がれています。もはや彼のトレードマークになっているのですが……うむ。小原が描いたらダメだな。ちなみに、左のネコ目な感じのが公演ノートに住んでいるやつに寄せて描いたもので、右の身体が面倒臭くなっているやつは小原の記号論のノートに住んでいる『シニフィアン』という者です。

……だいぶ書けたかしら? うん、こんな感じで許して。
猫を被っているのではなく、猫を背負っている演出さんのお話でした(え、お話だったよね?)。

ではまた。参加者のみなさん、情宣っぽくないブログもお待ちしていますからね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中