ライターズ・藤田裕子

はい!第5弾です!ここで、役者さんの物語の紹介が終わります。

役者の最後を飾るのはこの人

女帝

藤田裕子-------------!!(ドンドン、パフパフ)

 

彼女は音響と役者を兼任しています!セリフ覚えや音響の曲決めに毎日大忙しです!彼女のおかげで劇に音が流れるんです!!

 

彼女のあだ名は「女帝」です。自分の仕事をきっちりこなすかっこいい彼女にぴったりだと思います!

 

そんな彼女の物語は、「かっこいい」というより、不思議で、なんだか少し可愛い物語でした。

それでは、彼女の物語をご覧ください。

 


 

これはある少女のおはなし。

少女の名はさちこ
名前の由来はある少女マンガ。
ちなみに…幸せな子と書く。
こりん星からやって来た

彼女は早寝早起き。
健康的な生活を送っているが…
毎日、遅刻ギリギリの生活

時間にルーズというか…
待つのがあまり好きではないのか…
基本、ちょうどに着きたい。
電車に乗る時は発車の1分前くらいに駅につくのが理想的。

幼稚園生時代
まずご飯を食べるのが遅い。
母「8時までに食べ終わらなかったら、自分で洗いなさい!」
母は早く食べ終わってほしかったみたいだが全く効果はない。
結局、自分で食器を洗う。

どうしてそんな面倒なことを…
彼女にとって自分で食器を洗うより
ゆっくり食べる事の方が重要だったのだろう。

小学生になって
ちょっとレベルup
ご飯を食べるのは少し早くなった。

8時15分。NHKの連続テレビ小説が
始まる。これがタイムリミット

(※さすがに毎日ではありませんが)
小学校までDASH!!
これでもちゃんと間に合うのです…
遅刻した事はないですから!

そんな彼女の夢は「スーパー戦隊になる!」こと。

そして中・高校生時代。
駅まで歩いて15分強の道のり。
基本走って10分。
最短記録は7分。
兄の最短記録5分を越えることはできなかった…
というか5分で走って行く
くらいなら乗り遅れてもいい。

あっ!でも待ち合わせの時は
本気だします。
遅刻だけは…

基本的に彼女はマイペースなのだ。
何事もとろい。
よく運動部は着替えるのが早いというが
そんなのはウソだ!
いつでも大抵1番遅い…。
足だけは速かったのだが…

でも、もう少し気を付けましょう。

 

 


 

はい、さちこちゃんのお話でした!こりん星からやってきたマイペース少女さちこちゃん。彼女は変わっているようで実はどこにでもいるような女の子なのかもしれません。もしかしたらあなたの隣にもさちこちゃんが………。

余談ですが、私が幼少のころは友達おらず、「さっちゃん」という架空の友達といつも一緒に遊んでいたそうです。なぜかそれを思い出しました。

藤田さん、楽しいお話をありがとうございました――――!!

 

 

次は、ライターズ・日野林琴乃をお送りします!お楽しみに!

それではまた!

 

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中