時計の空色①

 こんにちは。制作です。
 最近の東京は梅雨の時期だとは思えないぐらい良い天気ですね。気温もぐんぐん上昇しております。みなさんいかがお過ごしでしょうか。私は夏を乗り切るために日々おいしいひんやりスイーツを調査しています。
 新入生部員の制作担当がブログを書き始めて今回が4回目となりました。拙い文章でありますが、ご一読いただきありがとうございます。今回は新入部員インタビュー企画はお休みして、稽古現場や作業の様子を紹介します!!

 稽古に入る前に今公演の役になりきってエチュードをします。エチュードとは即興演劇のことです。ここでは脚本の中の登場人物同士の関係性を考えながら演じます。

P1000252

 そして、稽古に入ります。代役として先輩方が入ってくださることもあります。新入部員にとって先輩方と演じるときはかなり緊張します…。

P1000259

 今はまだシーンごとに稽古を行っていますので、1シーンが終わるごとに演出の方から指示をいただきます。演出の方も体を使って指示を出します。

P1000263

 また、今週末にはタタキを行いました。タタキとはパネルや大道具を木材から作っていくことです。日曜大工のようなことを全くしたことがない私は苦労の連続でした。炎天下での作業だったので、みんな汗びっしょりです。

P1000270

 このようなものを作りました。これがパネルです。

P1000273

 今回の作業を通じて私は初めて舞台上にあるものがどのようにして作られているのかを知りました。劇団時計に入部して以来日々新たな発見があり、楽しいです。そして、作業においても演技においても「考える」ということをする時間が増え、また考えることを楽しめている、そんな充実した日々を送っています。

 次回は再び新入部員紹介インタビューをお送りします!次回もお楽しみに!!

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中