ならば、さいしょのこうはい(とはホントは言いたくなかった。)

こんばんは、情宣の小原です。

並木くんのブログに現れた「彼」くらいの時計通はご存知かもしれませんが、実は11年度入部の私は今の時計で唯一の一番先輩です。2年目を休学しただけなので留年の事実は別に恥ずかしくありませんが……同期がいないって寂しいよね。
高校時代も訳あって一つ下を頼っていたので、いっこ下までは私にとって同期。早生まれだから同い年だしってそれは違うか。

とにかく12は私にとって結構特別な学年で、もはや同期みたいに一緒に公演を盛り上げたい。

 

そこへ待望の知らせ、ついに演目が公開されました!
「あの時代あの場所」とは戦後の広島、ヒントの出し方は下手だったけど「今に通じる人間ドラマ」は使いたかったワードです。

それにしても私が大雨で稽古場から遠退いている間の出来事で焦る。おウチがちょっと遠いのよね。
ま、家でも仕事ができるのが情宣のいいところ。今も自宅でブログを書き、ちょうどダイレクトメールが届いた知り合いから連絡をもらいました。今回のDMは私の力作です♪

 

おっと、私の近況より稽古場をレポートしなければ。
並木くんのブログの通り、今日から仕込み=昨日が最後の稽古。そんな大事な一日はここでスタートいたしました。

稽古場2

 

図書館下と呼ばれる場所。

以前「どうやったら画になる写真が撮れるかな」と尋ねたら「斜めにしたらそれっぽいんじゃない」と答えた人がいたので無駄に斜めにしてみましたが、いかがでしょう?

ちなみにここは、地理的には図書館の下ではなくサークル棟の1階の奥に生まれたスペースです(坂道で2階が「地上」になり1階が半地下みたいになるという仕組み)。
そんな場所で何をしていたかというと……

 

稽古場3

 

スタッフミーティング、通称スタミです!

皆が一堂に会し、スタッフの進捗を報告し合う。仕込みに向けて残った作業を確認する大事な会議。
写真にはおもに制作さんと照明さんが写っています(ちょっとボケててごめんなさい)。

 

 

ついでに今回も時計豆知識を突っ込んでみましょう。今日は稽古場。
「会議室」   →時計で一番ポピュラーな稽古場。本番の場所である「スタジオ」と同じ建物の2階に位置する。
「小ホール」  →大学の正門から入ってすぐの「講堂」にある。時に公演も行う。
「リハ室・控室」→「小ホール」の裏側にある。ホールを突っ切るか迷路のような階段を通らなければたどり着けない。
これらが普段大学の施設を拝借して使用する稽古場です。大変お世話になっております。

 

しかしいつでも使えるわけではありません。そこで図書館下のような学内のちょっとしたスペースや近所の公演で基礎錬をしたり、地域の公共スペースをお借りしたりします。そしてこの日も……

稽古場

 

柚木中央市民センター、ラスト通し稽古はここで行いました。有り難う御座いました。

役者さんのナイスショットがあったのですが、衣装を着ていたのでブログにはNG ブロガーへの道は厳しい。

 

本番はすぐそこ!
皆様のご来場をお待ちしております。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中