アフター

こんばんは。2015年度一年生公演『アナザー』演出の望月です。

まず初めに、ご来場いただいた皆様に心からの感謝を申し上げます。
演劇というものは公演を行いお客様の目に触れて初めて完成するものだと実感しました。
というのも、リハーサルと本番では役者の集中や舞台の雰囲気などがどうしても変わってくるのです。
リハーサルでの演技が甘いというよりも本番で練習の全ての演技を超えてくるといった感じです。
そこには緊張感やお客様の反応、些細な変化に気付ける集中などいろいろな要素があるんだと思います。
それにより、同じ戯曲を取り扱っていても全ての舞台で違う演劇が生まれます。
本来、プロであればいつも同じ質のものをご提供するべきではありますが毎回違うものが生まれるというのも一つの面白さかなぁと思いました。

さて、今回の公演は一年生公演ということで基本的に15だけで準備をしてきました。
大体が初一人スタッフということで皆てんやわんやしていました。
本番直前あたりは時間が無い時間が無いの連続で公演が立つかどうか非常に不安でした。
しかし、本番当日になってみると、案外、公演は、立つものですね。
正直ギリギリのギリと言ったところでしたがなんとかなってホッとしています。

案外公演は立つとは言いましたが、全力を出さなければ公演は立ちません。
全力でやったにもかかわらず結局先輩方のお力をかなりお借りしました。
これから精進していつかは完全に15だけで公演ができるぐらいの力を身につけたいと思います。
そんなわけで短い間ではございますがこれから15をよろしくお願いします。

そして最後に、本番から一か月以上経っての更新をお詫び申し上げます。
気付けばもう2015年も終わります。皆さん来年は、来年も、良いお年を。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中