2018年度 夏季公演参加者インタビュー⑧

みなさん、こんばんは!

鈴虫って良いBGMになるな~~と思いながら書いています♪
夏季公演参加者インタビュー8回目です。

本日は連続更新!
ちゃんと全員ご紹介するぞ~~。

さて!本日お答えくださったのはこのお三方↓↓
4DA4F921-AE95-4973-8C05-52C42398B2E5

りす(※名は天城<アマギ>。部室のアイドル。)とニモと共に、
3人と2匹で写ってくれています。かわいいですね。

左から、大山梨花さん、蓮池みゆきさん、小川加奈さんです♪


煙山:まず、今持っているお互いの印象を教えて頂けますか?

小川:梨花さん(大山)は、しっかりされていて、
タイスケ(タイムスケジュール)の組み方とかを教えてくださったり・・
ほんと、尊敬しています!
※小川と大山は舞台監督。

大山:わあ、、いやいやそんな((ノェ`*)っ))照

小川:で、はっすんさん(蓮池)は、考えてくださる衣装が
本当にかわいいし、あと、普段の衣装もかわいいです(*^-^*)
※蓮池は衣装を担当している。

蓮池:・・普段の衣装ってなんだよ!(笑)

小川:あ、間違えた!(笑)普段着てらっしゃる服です!(笑)

煙山:あはははは(笑)(笑)
それでは次に、みゆきさん(蓮池)お願いします。

蓮池:梨花さんは、めっちゃ「乙女」だなって思う(笑)
一緒に乙女なことしたいな~~(/・ω・)/♪♪フフン
あと、「一生懸命」って言葉が似合うなって思う(笑)

で、かな(小川)は、ギャップがあるなって思う。
最初は真面目な子だと思ってたんだけど、タイスケの紙に
「この時間で飯<メシ>を食えっ!!」
みたいなこと書いてたり、カップ麺食べてたり・・(笑)

4人:あははははははははは

煙山:たしかに、加奈は実はめっちゃ面白いんだなって思いました(笑)
では最後に、梨花さん(大山)お願いします。

大山:はっすん(蓮池)は、去年の冬に劇団時計に来てくれたんだけど、
その時からすごく話しやすかった!
あと、はっすんはかわいいし、真っすぐだなって思う!

蓮池:・・真っすぐに生きたい。(ボソっ)

大山:はっすんにはほんと、曲がらないでほしい~~!(笑)

で、加奈は本当にしっかりしてる( *´艸`)
仕事をどんどん先回りしてやってくれてて、
「梨花さん、これやっておきました~!」って言ってくれるから、
本当に助かる・・!!

蓮池:素敵な関係だ‥( ;∀;)
6A12D05D-A6DF-472D-A309-3890E5A053EF.jpeg

煙山:では次に、梨花さんと加奈にお聞きします。
舞台監督は、全体を見ながら指示を出すなど、大変だと思います・・!
1番大変だったのはどのお仕事ですか??

大山:何だろうなあ・・(笑)
やっぱり仮組み(本番前に、実際に舞台を組み立ててみる作業のこと。)
の指示出しは、今回の舞台が普段よりも挑戦的なことを沢山
しているので、経験則が通じないこともあり大変でした(笑)

煙山:なるほど・・たしかに。今回の舞台凝っていますしね・・。

大山:私一人だとバタバタしちゃうと思うんだけど、
加奈が優秀だし、舞監の補佐をしてくれているりょうた
(時計のメンバー。第6回でご紹介しました♪)の存在にも
とても助けられております・・。

良い後輩たちに囲まれて幸せです(o^―^o)

煙山:ありがとうございます・・!では次に加奈、どうですか??

小川:仕込み(本番の準備。スタジオに実際に舞台を建てたりする作業。)
の準備ですかね。
まだ舞監としての経験が足りないので、先輩方が作ってくださった
マニュアルなどを見聞きして、吸収しています・・!

大変さも感じつつ、みんなで一つのものを作るのは楽しいですけど(笑)

煙山:この前、部室でマニュアルを一生懸命読んでる
加奈を見て、「自分もやらな・・Σ(・ω・ノ)ノ」と思っていました。
ありがとう!

では次に、みゆきさん。衣装、今回もすごいです・・!
一番楽しかった作業を教えてください。

蓮池:ありがとう!
衣装スタッフみんなで腕によりをかけて、
シンパシーとセレンディピティを大切に原案を決めました(/・ω・)/

一番楽しいのは、衣装を着た役者に対面する瞬間です。
選び抜いた衣装が役にも役者にもぴったりだった時の高揚感!

血湧き肉躍る瞬間とはこのことだと思います(。-`ω-)
686B3E83-7670-4BC5-BD83-962206D06BC3

煙山:ありがとうございました!
最後に、夏季公演『サイド』の見どころを教えてください!

大山:とにかく役者が多いところかな。いろんなキャラが出てきて楽しい!
是非、一人一人に注目してみてください(/・ω・)/
あとは、舞台セットが今回もすごい・・!
「おお~~」ってなると思います。

小川:時に力強く、時に繊細な役者の演技です!
あと、舞台美術は大がかりだし、衣装は劇中で様々に変わり、
手作りのものもあります!
また、好きな音や美しい照明に心惹かれたりも
すると思います(*^-^*)

蓮池:伊藤という役の2回目の登場シーンと、
休憩を挟んだ後のシーンですね!
ここの役者の演技と衣装には特に注目して頂きたい・・!

あと、ラストは大注目ですね( ;∀;)
「えっ・・・・?」って言ってほしいです!



今回も最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
明日の最終回は、作品のリーダー、演出チーム(*'ω'*)
ぜひご覧ください(^▽^)/

そして、ここでお知らせです。
何と、明日はたくさんのご予約を頂き、すでに”満席”となりました・・!!
本当にありがとうございます。

しかし、一人でも多くのお客様に観に来ていただけるよう、
増席することが決定致しました(。-`ω-)

ぜひ、「サイド」の最終公演にお越しください♪
劇団員一同、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

♦夏季公演『サイド』詳細♦

【日時】

9月21日(金) (18:00開場)18:30開演
9月22日(土) (12:30開場)13:00開演・(18:00開場)18:30開演
9月25日(火) (12:30開場)13:00開演

入場無料

【公演場所】
首都大学東京 南大沢キャンパス 7号館101スタジオ(京王相模原線 南大沢駅より徒歩約7分)

ご予約

https://www.quartet-online.net/ticket/side


広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中