2019年度卒業公演 4年生対談企画#3

こんばんは!!劇団時計です!

2019年度卒業公演『常夜燈』本番まで残り僅か・・!

首都大生の皆様、ご予約はこちらからお待ちしております。

※新型コロナの影響により、
お客様を首都大生のみに限定させていただいております。
大変申し訳ございません。
詳細はブログの最後をご覧くださいませ。

さて今日は、4年生対談企画の最終回をお届けします。

その前に少しだけ、情報宣伝の小言を。。
実は最近、劇団時計はサイトをリニューアルし、
そこでブログを公開していたのです。が、突如
ページに飛べなくなりました\(゜ロ\)Jesus!!!!

いや、もしや我のスマホ側の問題か・・と思いましたが、
先輩から送られた阿部寛のホームページは爆速で開けたので、
やはりどうやらサイトの問題です(-_-;)

わしはニュー・サイトに嫌われたのだろうか、、
心を閉ざされてしまった・・。

ですので、残りのブログは
こちらの旧サイトにて更新していきます!
前置きが長くなりすみません!スターティン。

ayabena

対談企画最終回の本日は、
三上絢子さん石部日和子さん!!
それでは早速インタビューしていきます!

Q. 劇団時計で1番思い出深い、印象に残っている公演は?

石部:2017年度のみやこ祭公演ですかね。

ー『ワンダフルお花畑』ですね。-

石部:そう笑ホントにふざけた名前( ̄▽ ̄)
それが、1番印象に残ってるかな~。

三上:おーなんで?

石部:初めて脚本書いて演出した、っていうのと、
まぁコントをやったっていうので、その2つの意味で、
新しい挑戦をした公演でもあるので!
wonderful

↑こちらが、2017年度みやこ祭公演
『ワンダフルお花畑』のフライヤー。

三上:そこで生まれた伝説の劇が・・・

ー『欲しがりひなこ』でしたっけ?ー

三上:『欲しがりひなこ』はそこで生まれたんだ!

※『欲しがりひなこ』とは、
石部さん:「構って構って(*'ω'*)」
他の人々:「ふーん。へえ。ほーん。(冷)」
が繰り返されていく物語です。脚本は藤田恭介さん。
私の説明だとつまらなさそうですが、
面白く、未だに残る劇です。

石部:初めて脚本書いて演じてもらったのがみやこ祭公演なので、
印象に残ってるかな。

三上:えーっと、私は2017年度卒業公演の『劇団時計』。
大きな役をやったのは、それが最初で最後くらいだったんで、
すごく記憶に残ってる。

gekidantokei
↑2017年度卒業公演『劇団時計』のフライヤー。
こちらの脚本も藤田恭介さん。登場人物が多くわいわい
賑やかなのにまとまっている、
ギャグ満載、かつ感動させられる劇でした。(by情宣)

ーここで、上では茶髪でふわふわ系、
今は黒髪でシャープ系へとイメチェンした藤中さん登場。-

藤中:でも、絢子が結構中心にいたんじゃない?
主人公だし、あなたが歌ってみんなが躍るみたいな(/・ω・)/

三上:あ、そうだ!!歌を歌ったんですよ!!
それが、楽しかったし、自分の中で大きかった(*’▽’)

ー絢子さんの歌う「パート・オブ・ユア・ワールド」
が好きです。(by.聞き手 中野)ー


Q.今回お2人は脚本を書いていますが、どのような思いを込めた?
また、脚本を書いたきっかけは?

三上:私の身近な人がミスコンテストに出場したんですね。
推薦したのが自分で、陰ながら支えて、
彼女がグランプリに輝いたっていうのが印象に残ってて。
それを劇でやりたいなって思ってたんですよ。

三上:ラップやヒップホップとミスコンテストを
組み合わせてやったら面白いかなと思って、
ラップシーンを入れています(*'ω'*)

―かっこいいので、お楽しみに!―

三上:肉付けとかはほとんど樹音くん(藤中)に
お任せしたので。(*ノωノ)

藤中:ラップ×ミスコンテストって、なかなか思い付かない
アイディアだよね。。
骨組みがしっかりしていたから、
スラスラ脚本が書けたのを覚えてる!


2019年度卒業公演フライヤー
2019年度卒業公演フライヤー➁

↑↑そんな今公演のフライヤーはこちら。
三上さんの作品『ジョハキュ』は2作品目。

三上:卒業公演ということもあり、
先輩後輩の関係みたいなのも描きたいなって!
あと、役者さん達が頑張っているので、見所だと思います!

ーそして1作品目『ツバキ』の脚本を書いたのは、石部さん。ー

石部:ちゃんとした長さの脚本を書くのは2度目なんだけど、
書きたいことは前回とあまり変わっていなくて。
青春を書きたいんですかね。

これまで生きてきて感じたことを書いてるんじゃないかなーって。
不安とか人間関係とか、そういう所で色々感じたことを
入れたつもりです、つもりです。

ーお2人とも、ありがとうございました。-

ayako
↑三上さんは、石部さんの脚本『ツバキ』の主人公
として出演されます。
「1日透明人間になれるとしたら何をしたい?」と聞くと、
「1人では行きづらい焼肉屋さんに行って焼き肉食べ、
あとは、怖い人が出入りしている現場を見たい。」
と答えてくれました。

三上:新宿とかの入りづらい所に侵入して、
ただひたすらに人間観察をしたいhinakosanmiduki
石部さんは、役者として藤中さん脚本『タルパ』に
出演もされます(/・ω・)/
「遭難して地球にたどり着いた宇宙人に助けを求められたら?」
と聞いたところ、助ける以外に何があるんですか?」と答える
イケメンぶりでした。

藤中:あるじゃない、通報するとか!!

石部:人の心ないな、本当に!
助けますよ、そりゃ。助けを求められたら!

藤中:怪しいな。。

石部:無条件で人を助けるのが趣味なんで。(ドヤ)

sakura

Q.劇団時計で過ごした4年間はどうだった?

三上:本当にあっという間だった。
劇団時計から離れた時期もあったけど、やっぱりそれでも
参加者外の人間として公演観に行ったり、
時計の人達の活躍している姿を見ると、
自分も演劇やりたいなって、やってない時も思う。

石部:あっという間ってのもあるし、
私は結構時計にずっといた( ̄▽ ̄)
授業とか課題とかが辛い時でも、
稽古が楽しかったので良かったかなと!
時計には、楽しくて愉快でご機嫌な人しかいない笑

ー劇団時計って、他のサークルと違って4年生の最後まで
所属できるから、色々な先輩・後輩と関われるので、
そこが好きです。(by.聞き手 中野)


Q.最後に、観に来て下さる方々に一言!

石部:今回の劇は4つなんですけど、中々全部強烈・・・

藤中:ハートフルで、コメディで

三上:ステキな劇!キラキラしてる(^_-)-☆

石部:そうですね、まぁ強烈なんで。
楽しんで観てもらえたらって思います!

三上:役者としても、また脚本を書いた側としても、
自分なりの表現をしている公演だと思うので!

今、大変な時期ですけど、
なるべく多くの方に観てもらえたらなって。

ー公演を動画で配信する予定なので、
観に来れない方も観られますよね(´▽`)ー

石部:うん。首都大学東京(その時は東京都立大学)に入って
サークルに悩んでいる子とかにも観てほしいですね!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上で、2019年度卒業公演「4年生対談企画」は
終了です!!
新サイトが復旧したら、
#1、#2もご覧いただけたら嬉しいです(*´▽`*)

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

最後に、新サイトに飛べないため、
改めてこちらのサイトでお伝えします。

昨今、新型コロナウイルス感染症の影響により様々な公演が中止、
縮小となっております。

このような状況の中、
私達も2019年度卒業公演の方針について話し合いました。

劇団時計の方針としまして、感染拡大への懸念から、
ご来場いただけるお客様を、首都大学東京の学生のみに限定
させていただく運びとなりました。

楽しみに待ってくださっていた皆様、
このような形での上演となってしまい、
大変申し訳ございません。

公演終了後、YouTubeにて本公演の動画を公開致します。
当日ご来場できないお客様は、そちらの動画を
ご覧いただければ幸いです。


当日は、受付にアルコール消毒剤等を設置、
終演後役者はマスクを着用するなど、
できる限りの対策をさせていただきます。

 ご来場いただくお客様には、マスクの着用や
上演中お咳をされる際の咳エチケットへのご協力を
お願い致します。
また風邪のような症状のある方は、
ご来場をお控えいただきますよう
お願い申し上げます。

皆様に安心して楽しんでいただくため
最善の対策を致しますので、
ご来場いただく皆様も何卒ご協力のほどお願い致します。

この度は、このような形での公演となりますことを
改めてお詫び申し上げます。

何卒ご理解のほど、宜しくお願い致します。


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中