新人紹介⑬

こんにちは!新人紹介もこれで最後ですね、すーすーこと田﨑颯大です。

新人紹介の記念すべきラストを飾るのは、とっこちゃんです!時々出る関西弁が素敵だと個人的に思いますね~

では、インタビューと参りましょう!

–まずは所属とスタッフを教えてください

「所属は数理科学コースで、スタッフは照明です。」

–照明さんの大変なことや面白いことはありますか?

「ヒロが全部言ってくれた(笑)ヒロ君のが分かりやすいのでぜひ読んでください!」

–ヒロ君の新人紹介は第8回ですね、こちらもあわせてどうぞ!

–高校時代の部活は何ですか?

「演劇部でした。」

–思い出とかありますか?

「思い出?えっと、照明ずっとやりたかって、照明できるようになったのが高校からだったんで、それが面白かったです。」

–中学の部活も?

「演劇部(笑)」

–えぇ、すごい!いつから演劇やってたんですか?

「小4」

–本当にすごい!

–では、なぜ劇団時計に入って演劇を続けようと思ったんですか?

「演劇しかやってなかったから、演劇以外分かんないんでとりあえず入ろうと思って入りました!」

–公演メンバーですごいと思う人は誰ですか?

「ちゃんまきさん(15横瀬先輩)とまいこさん(16上田先輩)。照明一緒にやってるんで、照明の仕事をテキパキやってすごいなぁって」

–何か好きなもので語ってください!

「うわあ、でた~(笑)」

–いつもパンダのカバンとかリュックとか使ってますよね?(↓)

とっこちゃん.png

「何かたまたまパンダのリュックは持ってて、そしたら印象が強いのか知らんけどパンダの人みたいになっちゃってパンダグッズが集まってきて、別にパンダ好きって1回も言ってないけどリュックがあれで…これももらったやつやし(笑)」

–照明は?

「高校ではさ、触れへんからさ、照明に直接。先生しか触れへんけど、大学来たら触れるじゃないですか直接。もう駐輪(劇団の倉庫。照明も置いてあります)のあの、エリア?もう震えると思って、写真撮りたいんですけどまだ撮ってない…いや、震えますよ。」

–なるほど~

「照明は面白い。見た目が好きなんです、照明の。あの形が好きなんです。」

–灯体の?

「そうです。灯体の形がすごい好き、部屋に飾りたいんですよね。」

「触る機会とか近づく機会もないから、高校の時に1回降ろしてもらったんですよ先生に。もう震えて、後輩に写真撮ってもらいました。照明と一緒に写ってる写真。照明が降りてきてすごい嬉しかったんで『写真撮って!』て言って。照明とツーショット撮れたん、すごい嬉しかった。」

「こんなに近くで見れると思わなくて、大学に来て。もう本当に嬉しくて!」

–ものすごい照明愛!

–最後に今公演の意気込みや、見てほしいところなどお願いします

「個人的な感想なんですけど、舞台がすごいかっこいいので始まる前に舞台観た瞬間私はドキッとしてしまったので、舞台の形にご注目ください。あと、役者さんの演技とかみんな頑張ったんで」

–はい、ありがとうございました!

というわけで、新人紹介は今回でおしまいです。読んでくださった皆さんありがとうございます!

今日明日と公演は続きますので、ぜひかっこいい舞台を観に来てください!!

それでは、さようなら~

 

 

 

新人紹介12

 

 

こんにちは!!

 

今日は石幡奈津子(いしはたなつこ)ちゃんの紹介です!

 

彼女は、「いつも笑顔で素敵な17 ナンバーワン」ですね。

 

そんな彼女は、こちら!

IMG_1775

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、なんのスタッフをやっているのか、一目で分かりますね。

 

では、インタビューといきましょう!

 

 

−−まずは所属を教えてください!

「都市教養学部の人文社会系です!」

 

−−暇人社じゃん!全休とかあるの?

「全休ないですよ!作っている子はいるけど、私は作れなかったですね。」

 

−−そうか〜
−−じゃあ今度は、今回のスタッフを教えてください!

「衣装です!今縫ってます。」

 

−−なう ぬいいんぐ。

「ソーイングじゃないんですか笑」

 

−−ぬいいんぐですね。
−−衣装で大変なところとか、意気込みを教えてください!

「大変なところは、作る量が多かったことですね。いつもは衣装を古着屋さんとかで買うことが多いと思うんですけど、今回はほとんど作っているのでそれがしんどかったですかね。でも私は衣装を作るのが好きだったりするので、割と楽しみつつつやってます。
意気込みは、どんな衣装なのかは言えないんですけど、役柄によって装飾をアレンジしたりして結構こだわっているので、そんなによく見えないかもしれませんけど、注目してくれたら良いなと思います。」

 

−−確かに、キャラクターに合わせて装飾の細かいところが違ったりするよね!(演じる側として)こっちとしても見ていて楽しい!是非見てほしいところですね。
−−では、高校時代の部活を教えてください。

「宝塚部です。」

 

−−ほう、珍しい部活ですね!どんな活動をしていたんですか?

「宝塚のレビューの真似事をしていました笑」

 

−−観に行って、ってこと?

「観には行かないですね。DVDとかを見て振付を覚えて、曲を真似して公演を作る感じです。」

 

−−じゃあ演劇部に近い感じ?

「歌と踊りだけで演劇はやりませんけど、衣装を作ったり照明を決めたり、仕事は時計に近いものはあるかもしれないですね。」

 

−−公演をやるならそうだよね!
−−では劇団時計に入っのはなぜですか?

「私、なおちゃん(17池田奈央)に凄く誘われたんですね。元々あんまりサークルに所属するつもりはなかったんですけど、たまたま仲良くなったなおちゃんに凄い勢いで誘われて、部室に連れて行かれて、新歓行ってとかしていたら、宝塚部に似たものを感じて、入っちゃいました。笑」

 

−−へ〜、なおちゃんがそんだけ押したってことだよね、なんかあんまり想像つかないかも!
−−次に、今公演メンバーですごいと思う人は?

「ひなこさん(16石部日和子)ですね。」

 

−−理由は?

「私は自分が担当した衣装を作るのでいっぱいいっぱいになっちゃったんですけど、ひなこさんは何も言わずに全員分の靴とズボンを用意して、作ったりしていたんですよ!何も言わずに!すっごくカッコ良いなと思って・・・。
あと、買い出し行った帰りに、1年生は先に帰ってて良いよと言われて部室に戻っていたら、ひなこさんがさり気無くミスドを差し入れしてくれたんです。わぁ、先輩だ〜と思って、すごくカッコ良くて。」

 

−−カッコ良い!!!

「私も来年後輩ができたらやります!笑」

 

−−衣装勧誘ですね!

「衣装勧誘はミスドのドーナッツ。笑」

 

−−では、、、次の質問は何について語るのか予想がつきますが、、、
−−好きなものについて語ってください!

「宝塚でいいですかね笑笑
元々好きになったきっかけとかはなくて、祖母と母が好きで、私が母のお腹の中にいるときからずっと連れて行かれていたので、なんかもう小さい頃から宝塚見てるのが当たり前というか、すごく近い存在でした。
高1のときに、愛希れいかさんの『ロミオとジュリエット』を観て・・・もう・・・もう・・・超!!可愛くて。すっごい踊りが上手で、天使が踊っているかのような軽い踊り方をしていて、”こんな綺麗に踊る人がいるんだ”という感じで、愛希れいかさんを好きになって、あとは宝塚部で宝塚のことをやっているんで、色んな作品を見て研究しているうちにどんどん好きになってっていう・・・。大好きですね。憧れの場所です。」

 

−−お腹の中の頃から英才教育を受けていたんですね!私も鹿島アントラーズ(Jリーグ)がそんな感じだったんでちょっとわかります笑
−−では最後に、さっき衣装の意気込み聞いたけど、今公演の意気込みを教えてください!

「私は初日に予約受け付けやっているので、これ(ブログ)を見た方は是非初日に予約を入れてください!笑
あと2日目の場内整理もやっているので是非来てください!」

 

−−3日目は?

「3日目は・・・3日目もいるんで、来てください!」

 

−−はい、ありがとうございました!

 

 

 

今回で、藤田による新人紹介は終わりです。

 

 

お付き合い頂きありがとうございました。

 

 

読んでくださったみなさまのご観劇を心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人公演 #11

おはようございます。

金曜日担当でお馴染み、17加藤です

さて、実は

金曜日はこれで最終回です…

そんな金曜インタビューのトリを務めてくれるのは…

鹿目理佐さん!

IMG_6110 2

キュートなピングーによく似てますね。早速訊いていきます。

—それでは所属を
「都市教養学部都市教養学科 法 学 系 です!!」

—法学、最近何やってますか?
「民法と刑法と憲法ですね、正直法律興味ないから面白くない笑
 政治学コースに進みたくて入ったんですけど
 1年生のうちは法律の勉強ばっかりでつまらない!!」

—ではスタッフは何ですか?
「舞監です」

—大変なこととかあります?
「全部大変ですね!!!笑笑
 まず仕事覚えるっていうのが大変
 基本リカさんがいろいろやってくれてるから
 任せちゃって申し訳ないなっていう気持ちも大変かも哉
 まあ今は鍵借りたり
 付き従ったりして仕事覚えてるかなって感じです」

—役者の方はどうですか?
「たのしい!」

—…高校時代何やってましたか?
「中高一貫だったんですけど、同じ部活で
バイオリンを6年間ずっとやってました」

—めっちゃお洒落、自分のバイオリン持ってるんですか?
「持ってます!myバイオリン!」

—なぜバイオリンを?
「小学生の頃、丁度のだめカンタービレが流行ってて
いいなって思って入りました!
でも暫く続けてるうちに何か違う気がしてきた笑
音楽は楽しかったですね」

—では大学入って時計に入ったのはなぜ?
「実はふらっと現れてふらっと入った、って感じです!
 もともと演劇好きっていうのはあったかもしれない
 てか、劇団四季とか好きです!!」

—じゃあ劇団四季好きだから時計に入ったってことでいいですか?
「そうします!!!時計歌わないし踊らないけど!笑」

—時計入ってどうですか?
「最近楽しい。楽しいです。
 稽古始めて二週間ぐらいは正直つらいし辞めたいって感じもあったんですけど
 今は楽しいですね、もう色々超えちゃったかも。超楽しい。」

—(楽しそうで何よりです)
—では、公演メンバーですごい人は?

「基本みんなすごくないですか?
 この場(インタビューしていたその場)にいる人全員褒めるけど、
 訊いてるあなたも安長だし
 しおんさんとかもみんな凄いし、
 なっちゃんも衣装つくれるし凄いし宝塚好きだし、笑
 ゆきえも頭おかしいし、
 すーすーめっちゃ成長してるし、
 みぞよくわからないし」

—徐々にdisってない?
みぞはよくわかんないしカフェ落ちたけど凄いし、
 ぽん太さん天パだしガッキーとか声いいし
 基本全員すごいですよ!笑

 でも今回は遼太ってことにしときます。笑笑」

—それは何で?
「彼は何をしても許される。笑
 というか態度がでかい。
 人が基礎練の呼吸法やってるときに横に立つのやめてほしい。
 めっちゃ見下ろしてくるんですよ??

 あと、私がマックのポテト奪って食べても怒らなかったのは
 すごいと思いました!遼太すごいな!!」

—金曜日トリですけど大丈夫ですか?テンション
「じゃあ(すごい人)安長くんってことにしときます笑
 フォロワー数多いし。時計の人で一番多いのでは?」

—よくわからないけどありがとうございます!!
「ありがとう!!」

—では好きなものについて語ってください
「ピングーですかね」

—ピングー?
「YouTubeでたまに見ると本当に癒される。
 好きな話は「ピングーの怪我」っていう回です。

 きっかけは私が好きなゲイのネットアイドルがきっかけなんですけど、
 その人がピングーのモノマネしていたのを見て、
 私はそれを真似していくうちに好きになって、
 いつの間にかYouTubeのピングー動画をはしごするようになってた。笑」

—ということはモノマネするために動画を見るように?
「だいたいそうですね!!笑」

—ピングーってどんな鳴き声してますか
「prprprprprprrprprprprpr(ピングーの鳴き真似)

—文字には全く表せませんがありがとうございます、好きなピングーのキャラを挙げるとすれば?
「怖い顔したトドが好きです」

—「怖い顔したトド」
「ピングーの怖い話の回があって、
そこに出てくるトドが怖いから好きです笑笑」

—最後に意気込みをどうぞ。
「頑張ります!!」

—他にありますか?
「頑張ります!!」

—あとは
「頑張る!!」

—どういう風に?
「具体的にって言っても難しくないですか?笑」

—…
「じゃあ舞監の仕事をちゃんと覚えるということで!
リカさんに迷惑をかけないようにしたい。
公演メンバーですごいと思う人(前述)もやっぱりリカさんですね!
仕事もテキパキしてるし、喋り方もテキパキしてるし、
見習わなきゃいけないなってよく思います。

ついでに、この公演の目標も”テキパキする”ってことにします!」

—ありがとうございました!!

 

…大物感がすごい舞監でしたね。

残りのメンバーも僅かになってきましたが…お楽しみに!

新人紹介⑩

1週間ぶりです!すーすーこと田﨑颯大です。

今日ご紹介する新人は…北川遼太くんです!

遼太

はい、見た目からしてチャラいですね(笑)彼はバリバリ関西弁のナイスガイであります。では、早速インタビューと参りましょう。

–今公演でのスタッフは何ですか?

「舞台美術です。役者はやってないです。」

–舞台美術さんは何をしていますか?

「小道具作ったりとか、土曜は舞台背景の色塗りを…塗りは楽しかった。」

–楽しそう!

–高校時代の部活は何ですか?

「ハンドボール部です!」

–思い出とかある?

「思い出は…何やろ、夏の合宿とか石川県に行きました。」

–ハンドボールの魅力は?

「体と体がぶつかり合うっていう、結構抱きついてると思います。体を使うスポーツやから、格闘技と半々みたいな気があるからそういうところが他のスポーツには無いあたりがあるから、楽しいかなっていう。」

–なるほどね!

–では劇団時計に入った理由は?

「先輩がみんなすごくいい人で、あとまあ楽しそうやったし、ちょっと高校で1年の時に演劇でGTOをやってんけど鬼塚(主役)をやって、チョーク割りながら書くっていうのをやったりして楽しかって、もっかいやってみようかな?みたいな気持ちで」

–公演メンバーですごいと思う人は?

「それはもう、演出さんと舞台監督さんはすごい働いて…っていうのはありますね~。あと舞美ヘッドのいっちゃんさん(16藤田樹さん)は舞台が構想の段階でもう凄いなぁって思って、具体的に何っていうのは難しいんやけど、1年やってるだけあって発想が俺らとは違うから、凄いなっていうのはありますね、ハイ。」

–確かに想像以上の舞台を設計されてましたね~

–好きなものは何ですか?

「好きなもの?体動かすことは好きかな、スポーツとか。あとは…散歩?知らんとこを歩くっていう。で、見つけた店とかにフッと入ってチラチラ見てそれを繰り返すっていうのとか、その辺の森をぶらぶら歩くとかは好きなことではあるかな。」

–南大沢キャンパス周辺は散歩した?

「この辺は自転車でちょろちょろ回ったりとかしてるかな。走って回った時もあるわ、走んの好きやから。」

–アクティブですね!

「まあ、基本インドアやけどな。漫画、アニメも好きやし。」

–最後に今回の公演の意気込み、お客さんに見てほしい所をお願いします!

「見てほしい所は小道具ですかね。小道具を頑張って作ったんで見てほしいです。あと役者さんみんな頑張ってはるんで、見てあげてほしいなと思います。」

美味しいところを持っていかれましたね(笑)彼の作った小道具もかなりいい出来ですので是非、注目してあげてください!

それでは、また次回お会いしましょう!

 

“新人紹介⑨”

おはようございます!
金曜日担当です。
17加藤です。

ここで再び新人紹介です!
本日ご紹介する新人は…

IMG_6078

中矢苗希(なかやみつき)サン!!!

今回は頼れる宣美のヘッドでもございます。
すでにチラシ等のデザインなどを着々とこなしていて、私としては唸っております。

それではインタビューと参りましょう!

 

-まずは所属を教えてください
「人文・社会系です」

-スタッフをどうぞ
「宣伝美術やってます」

-宣伝美術の仕事はどうですか?

「今(公演情報の)チラシが広く拡散されているのを見て、若干震えてます笑
この公演全体、作品で一番最初に目につくところがチラシなので、
そのイメージを作る、というのがやり甲斐だろうとは思うのですが。
でも震えてます!」

-高校時代は何部に入っていましたか?

「大学と同じく演劇でした。
 ちなみに中学の時は陸上部だったんですけど、
 まあちょっと限界を感じまして。
 もともと演劇も好きだったし、高校も陸上部がなかったので
 じゃあ入ってみようかな、という感じで。」

-演劇は見るのが好きだったとか?

「見るのも勿論–ドラマとか–好きだったんですけど、
 あとは小学校のお楽しみ会とか、学期末にある劇をやったり
 脚本とかも少し書いてたり、っていうのもあったので、
 作る側も多少やってたのもあったと思います。」

-大学になって時計に入った理由は何ですか?
「まず高校で(演劇)やってて楽しかったっていうのがあって。
 あとは東京に来て全く知り合いがいない状況で、
 フラットな環境でもう一度演劇をやってみたいな、というのが一番ですね。
 固定観念がない状態で役者とか、他のスタッフをやりたかった。」

-公演メンバーですごいと思う人をお願いします
「すーすー(17田﨑颯大)とか。
 誰?目線になるけど、最初の稽古から見てるとすごく成長してるし
 吸収力がすごい。」

-たしかに誰目線かもしれない笑
「最初より格段に上手くなってるし、公演が楽しみですよね!!!
 成長のスピードがもはや末恐ろしいです。」

-時計、演劇の経験に関係なく皆ポテンシャル高い感じはありますね
「経験者ってちょっと大々的に言いにくい、みたいなところはありますね笑
 一応演劇部だったんですけど、まあ、って言う;」

-それでは、好きなものについて語ってください!
「いまのところ、無趣味なのか多趣味なのかわからない状態ですね」

-両極端ですね!
「というか、広く浅くじゃないけど、今の所誰にも貢いでません。
 音楽も好きだし、運動も好きだし、最近は料理もやってるし。
 音楽は音楽でも邦ロックからジャニーズからアニソンまで何でも聴きます。」

「色とか言葉とかも好きで、
 あとは歌詞が入った、前面に現れたようなPVが好き。
 Mrs. GREEN APPLEの『ミスカサズ』とか、サカナクションの『アルクアラウンド』など。
 歌詞の語彙が多いとかというよりは、
 字面、ぱっと見の印象が良いものが好きです」

-視覚的、ビジュアル的な面重視!ですね
「実はそんな面が今の宣伝美術に繋がってたりするのかな、とも思ったりします」

-では今貢ぐとしたら…?
「三次元に貢ぐとお金がかかるからまだ彷徨ってます笑
 貢ぐ時って周りからの影響も結構大きくて、
 まだ大学入ってからは誰からも吸収してないので
 むしろこれから吸収されそうだったり、増えるかもしれません。」

-最後に、公演に対する意気込みをお願いします。
「経験していたとはいえ時計では初めてで、役者で。
 役者でも割と良い立ち位置だし、宣伝美術は
 先輩の手伝いもありつつ基本一人プレーなので割と主体的にやらせてもらってます。
 そういう諸々含めて、「頑張ります」という言葉に尽きます。」

-ありがとうございました!

 

新人公演後半戦、1人目は
オールマイティー!な宣美さんでした!

それでは、また月曜日
お楽しみに!

 

【公演情報】2017年度新人公演「One World.」

 

 

 

IMG_1628

 

 

2017年度新人公演「One World.」に関してお知らせいたします。

 

【公演日時】

7/10 (月) 19:00~

7/11 (火) 19:00~

7/12 (水) 18:30~

※開場は開演の30分前です。

※上演時間は約60分の予定です。

 

【入場料】

無料

 

【場所】

首都大学東京 南大沢キャンパス

7号館スタジオ101

(京王相模原線 南大沢より徒歩約7分)

map

※下記リンク先は首都大学東京HP記載の案内ページになっています。お越しになる際はご参考までに。

キャンパスマップ

 

【ご予約方法】

ご予約方法は2つあります。

①Web予約

予約フォームにて必要情報をご入力ください。

 

※上記URLは、下記画像のQRコードを読み取ったものと同一のものです。

 

②メール予約

1.代表者のお名前(カタカナ)

2.ご来場人数

3.ご希望の開演日時

上記1~3をご入力の上、下記のメールアドレスまでメールをお送りください。

gekidan.tokei@gmail.com

メールの返信をもって、予約完了となります。

 

※一部携帯電話では、予約フォームがご利用できない場合がございます。その場合には、御手数ですがメールにてご予約ください。

※当日席には限りがございますので、ご予約の上お越しください。また、ご予約でないお客様は開演5分前までご入場をお待ちいただきます。ご了承ください。

※予約の受付は公演日の前日までとさせていただきます。

 

【お問い合わせ】

gekidan.tokei@gmail.com

08082238250 (ミカミ)

 

 

IMG_1629

 

公演約10日前の公演情報公開となり、ご都合の調整が難しいことと思いますが、皆様が足を運んでくださることを劇団時計一同、心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

17新人紹介⑧

 

こんばんは!17藤田です。

本日ご紹介する新人は……佐々木啓行(ささきひろゆき)くん!

 

みんなになヒロって呼ばれてます。

 

彼は個人的には「爽やかな17 ナンバーワン」です。

そんな彼は、こちら。

 

IMG_1627

 

では、インタビューと行きましょう!

 

 

ーではまず、所属はどこですか?

「都市教養学部都市教養学科理工学系機械工学コースです。」

 

ー何故時計に入ったのですか?

「元々高校時代に演劇をやっていて、(大学)一年のときはバイトが忙しくてなかなか入れなかったんですけど、バイトが落ち着いたので”やっぱり演劇やりたいな”と思って入団しました!」

 

ーじゃあ高校の部活が演劇部だった、と?

「そうですね!」

 

ーなるほど。
ーでは、今回はなんのスタッフをやっていますか?

「照明です!」

 

ー照明はどんな仕事ですか?

「各シーンでどんな照明をすれば効果的か…色とか、明るさとか。そういうのを演出していくスタッフだと思います!」

 

ーなるほど!
ー役者はやっていますか?

「やっています!」

 

ーでは自分の演じる役について、どんな役なのか、どういうことを意識しているのか、教えてください。

「どんな役かというと、一言で言えば”チャラ男”(笑)……らしいんですけど、自分自身全然チャラ男じゃないので、そこを上手く表現できるか?ということを意識しています!」

 

ー確かに、真面目な感じはしてますね!
ー次に、今回の公演メンバーですごいと思う人は誰ですか?

「樹音くん(16藤中樹音)かもしれないですね。役者として、声の出し方とかで参考にしたいところがたくさんありますね。
あと、後輩に指導してくれるときも凄く分かりやすく的確に物事を言ってくれるので、納得して演技ができますね。
あとスタッフとか、何事にも全力なので…基礎練とかのパワースピーチもそうだし、そういうところで凄いなあと思います。」

 

ー確かに、ただ頭ごなしに「ここはこうして」とか言われるんじゃなくて、「あぁこうしたら良いんだ!」っていうのを理解させてくれる先輩だよね。

「そうです!だから自分も納得してできるので、凄いなと。」

 

ー次に繋げやすいアドバイスをくれる!

「そうそう!結構俯瞰的な見方をしていて、すごいなと思います。」

 

ーうんうん!
ーでは次は、好きなものについて語ってください!

「イヤホンですね。イヤホンとかヘッドホンとかそういう、音響機器が好きで……じゃあなんで照明やってんだよ!って話なんですけど(笑)」

 

ーほんとだよ笑
ーイヤホン好きってことは、オーダーメイドの20万とかするやつ使ってたりするの?

「いや、そこまではいかないんですけど、高校の頃から”バイト頑張って、オーダーメイドのイヤモニを作るぞ!”って決めてて、達成しました。楽しいです!
それに、自作もできて、家でちょっとやってるんですよ。シリコンで耳型とって、寒天で型とって、そこにレジン流し込んで光当てて固めたりして。そんなこともやってます!」

 

ーすごい!自分の耳に合うイヤホン、良いね。
ーイヤホンの音域とかも気にしたりするの?

「そうですね、低音がよく出るイヤホンとか、高音がよく出るイヤホンとか。
例えば高音がよく出るイヤホンだと、女性ボーカルの曲が綺麗に聞こえたりだとか。低音だとクラブミュージックが聴けたりだとか。
そういうのが結構あって、だからイヤホン何本も買っちゃうんですよ(笑)使ってるイヤホンに満足してても、つい買っちゃう。」

 

ーなるほどね!
ー最後に今公演の意気込みをどうぞ。

「久しぶりに演劇に携わってワクワクしているので、全力を出し切ってみんなでいいものを仕上げていきたいと思いますので、よろしくお願いします!」

 

ーありがとうございました!

 

 

以上で新人紹介⑧を終わりにします。

 

 

いよいよ新人紹介も後半戦。

 

どんな新人が登場するのか、お楽しみに!